• 病理革命

当院の病理診断の実績

#連携病理診断

#検査センターとの相違

#病理専門医

#診断件数



当院の病理診断実績です。

2021年1月~2022年8月の期間(20か月)をお示ししますが、

2021年はコロナの影響があり、どの施設様も病理検査や手術数が減っていた時期です。

また、当院との連携施設数も2021年当初は少なく、だんだんと増えてきました!


消化器内視鏡検査の数が多いですが、婦人科、皮膚科、乳腺などの検体も診断しています。

地域の中規模病院でも、虫垂切除術、腹腔鏡下回盲部切除術、胆嚢摘出術などactiveな施設様もあり、連携病理診断の適応が広まっています。

病理検体の受付から診断(報告書作成・送付)までは、平均4.5日です。

乳腺の病理診断では、免疫染色のレセプターまで遅延なく報告しています。



現在連携していただいている先生方も、当初は診療報酬の中に「連携病理診断」の仕組みがあることを、「知らなかった」が100%でした。

まだまだ都内でも「病理診断科クリニック(保険医療機関)」の認知度が低いですが

「すべての国民により良い病理診断を届ける」という病理学会の指針に基づいて

連携病理診断を広めていきます!!

医事課の方々は診療報酬の手引きを再度ご参照ください!

患者様には、保険医療機関(病理クリニック)の病理診断書の信頼性を知っていただき、

検査センター(株式会社)の病理報告書との差別化をご理解いただきたいです!


閲覧数:70回0件のコメント

最新記事

すべて表示