• 病理革命

病理で開業 Part2【どうして病理医は少ないの?】

#病理医 #病理クリニック #開業



いつか某新聞のアンケートで「患者さんが分かりにくい病院用語ベストテン」というような企画がありました。

第一位は「予後(よご)」、

そして晴れある第二位は「病理(びょうり)」・・・・

この記事をみて半分がっかり、半分やっぱりという印象でした。「病理検査」や「病理医」というのは皆さんに認知されていないんだなあ、と実感した次第です。


よく聞くのは、「産婦人科医が少ない」「小児科医が少ない」とか、でも

実際の学会登録では産婦人科医は12,000人、小児科医は30,000人の先生方がいらっしゃいます。では、何も騒がれていない病理医は?

全国で2,500人です・・・

とても少ない・・・・

この中には定年後の病理医の先生もいらっしゃいますので、現役世代は2/3くらいです。

どう考えても少ない!

どうして病理医は少ないの?


私の学生時代、クラスメートの中には「病理の勉強が好き」「病理が面白い」と言っている人は少なくなかったです。でも実際に病理医になったのは、私一人・・・・


たぶん、おそらくですが、

将来 病理医では独立できないから、という理由が大きかったと思います。若いころは大学病院や総合病院で研修や経験を積みます、実力がついたら他の科(内科とか、眼科とか)であれば自分で開業して独立する、という目標が立てられます。でも、「病理じゃ独立できないからやめといて」と親御さんに言われたという友人もいます。


病理をやりたかったけど病理医にならなかった方々へ、


今は病理医で開業できますよ!!

私が開業しました!


若い先生や学生の方々へ、


病理医も保険医として独立する時代がやってきましたよ!!


これからずっと伝えていきます。



478回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

病理で開業 Part7 【病理医との直接契約は✖!】

#病理連携 #地域の病理医 #病理診断 #衛生検査所 #検査センター #病理専門医 #日本病理学会 今回はクリニックの先生方へのお話です。 病理学会の提言「国民へより良い病理診断を届ける」という気持ちで、 病理連携について微力ながら啓蒙活動をしています。 ここでチョット勘違いが生じているようです。 病理診断の連携は「保険医療機関間の連携による病理診断」です。 これを「病理医と直接契約する」と保険点